FC2ブログ
女体裸身
自作の詩を公開します。
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2006/07/11(火)   CATEGORY:
むらさき
水温は体を刺していくので、子供たちは明るく冷めて唇の色を変える
心配などないなんて嘘だけれど子供こそこの水温に耐えるのだと
平泳ぎのストロークは長く自由形を越して空をとんでいく
ばた足しかできない子供にビート盤を渡して
平泳ぎで私の体は宙を舞ってむらさきの楽園にふわふわと飛び立つ
ジャネットはキスをして嘘をついて去っていった
東洋人の私は真っ赤な口紅をするジャネットが嫌いだった
平泳ぎで宙を舞ってアジアの国に舞い降りて
雨にしだれる紫陽花という花をみつけ謙遜を知った
自由はむらさきで買うものではなくてその国では海の海草だった
歯を黒くして笑ってほおばる人々のいる国の中へ
私はクイックターンでアフリカを目指した
水は茶色くてプールなど大富豪の家にしかなく
温泉がプールになっているモロッコの行楽地で男に追い回されて
平泳ぎをしてむらさきの国に戻る決意をした
ジャネットはどうしているだろうか
東洋の国に結局帰った私をくすくすと笑ってまた人を騙しているだろうか
水温はまだ冷たかったから私はむらさきの唇を噛んだ
スポンサーサイト
[ TB*0 | CO*3 ] page top

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する
● お久しぶりです
rebirthday | URL | 2006/07/21(金) 19:19 [EDIT]
錯文的な文章なのに、素敵な言葉の羅列だと、こうもサラリと目にとまるのですね。『雨にしだれる紫陽花という花をみつけ謙遜を知った』『私はクイックターンでアフリカを目指した』、これ好きです。

頭の悪い僕には、全体的な内容が何を表すのか掴みきれないので、もしよければ解説をおねがいします(汗
● 意味
yoyo | URL | 2006/07/22(土) 02:55 [EDIT]
りばーすでーさん、これは月例投稿詩のテーマが「むらさき」だったから幼い頃プールで寒いプールで泳いで友達がむらさきの唇をしたのをあたしの恋や友達関係をイメージを強くして書いたんだよ。
根底にあるのはあたしのプライベートな一面で、わからなくて当然だよ。推敲しようと思ったけど精神的にまいっていて、書けなかったんだ。唇を噛んだ。
● そうだったのですか。
rebirthday | URL | 2006/07/22(土) 20:52 [EDIT]
プールって不思議ですよね。最初は冷たく感じた水が、徐々に肌になじんでくるといいますか…。
なじんだはずなのに唇は紫に染まる。
塩素で目まで充血してしまったり。
手はしわしわになって白っぽく見える。
思えば悲惨な状況(笑/ドラキュラみたいだ

他人には意味が通じなくても、自分の中でどうしても表現してみたいことってありますよね。
独りよがりなのかもしれないと思いつつ、その分、自分の中では思い入れの強い気に入った作になってしまうという。

でも詩は基本的にそういうところから生れたのかもしれないなぁと最近思います。

TRACK BACK
TB*URL
Copyright © 女体裸身. all rights reserved. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。