FC2ブログ
女体裸身
自作の詩を公開します。
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2008/07/06(日)   CATEGORY:
青天白日
夏の日差しがあたしの肉体を削いでいきます

決して痩せるわけでもなく、潤いを蒸発させていくのです

それはあたしだけではなく、すべての老若男女に恵みを与え代償にするのです



天と地が別れた日は、何億光年の彼方だけが知っているはずです

だから、あたしは心の躊躇い傷をわざと空にみせつけています

宇宙からみれば他愛のない濁点よりも遥かに小さな膿なのですから



また、海が生まれる日に細胞分裂がはじまり、

末期の患者のように生死の意味をつきつけるのです

晴天の日に仰ぎ見ることのはの群れを抱きしめて

スポンサーサイト
[ TB*0 | CO*0 ] page top

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK
TB*URL
Copyright © 女体裸身. all rights reserved. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。