FC2ブログ
女体裸身
自作の詩を公開します。
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2008/07/08(火)   CATEGORY:
シュルレエル
(1)
ウィキペディアで詩をひねる

居酒屋で酒を飲むのと同様で

井戸端会議の延長で

あたしの中のダダイズム

幻想の世界のシュールとか

全否定から冗談へ

程よく交じり合えばいいのかと

初期値に戻ればゼロになり

ありきたりの恋愛詩


(2)
通り雨が過ぎたあと

残る臭気のいやらしさ

女が故のヒステリー

誰がこの世に散るものを

再生するかとエコ活動

善人ぶってる消費者よ

おまえの息さえ二酸化炭素

生きる勇気の源は

ブランド物の衝動買い


(3)
見えなくなった天の川

いつからかさえつかめない

プラネタリウムの星空は

ミヤンマーでみましたよ

先進国というレッテルが

ほしいがためのサミットで

何が決まるというのだろう

一服すって待ちわびて

決まる文句はあきらめた


(4)
有言実行するならば

あたしが模範をみせましょう

過疎化の田畑を買収し

自給自足の生活し

自然の森をつくりましょう

やがてくる食糧難

背中で笑ってみせましょう

青々と茂った木々の中深く

綺麗な空気を吸いながら


(5)
夢みる姿の裏側に

人のエゴが見え隠れ

それが美しいというならば

オリンピックの虚しさよ

心に沁みいる悲しさは

どこからわいてくるのでしょう

きっとそれは人間の

最後のさだめを知りつつも

生きるしかない詠歌だと
スポンサーサイト
[ TB*0 | CO*0 ] page top

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK
TB*URL
Copyright © 女体裸身. all rights reserved. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。