FC2ブログ
女体裸身
自作の詩を公開します。
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2006/05/23(火)   CATEGORY:
東京コネクション
裸足で歩く

どこまでも
どこまでも

地平線があからさまに丸まろうと
水平線が波うとうと

都会のジャングルが
裸足の足を汚す

誰も知らないかもしれない
誰か知っているかもしれない

でもあたしは一人裸足で歩く

どこまでも
どこまでも

世間体が語っている
耳から耳へ通りぬける

それでもあたしは裸足であるく

流行ってなんだ
人ってなんだ
2足で歩いているたった一組に足

小指が六本木ヒルズや表参道ヒルズにひっかかる
痛い痛い痛い
血が滲んだ夕方は
ネオンがそろそろつく頃だ
スポンサーサイト
[ TB*0 | CO*0 ] page top

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK
TB*URL
Copyright © 女体裸身. all rights reserved. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。